NO.61

utaさん
30歳/女性2017-12-04 16:10:56
身長172cm
体重48kg 72kg 24kg
期間7年0ヶ月
高校3年生の時、当時体重は62㎏でした。身長は172cmでした。好きな人に告白した際にふられたことを友人に話したら「太っているからじゃん」と言われ、その一言に火が付きダイエットを始めました。(今考えると身長からすると標準でしたし、あまり気にする必要もなかったのですが・・。)お菓子を一切やめ、食事の記録をつけました。お昼はお弁当にきっちりと野菜と少量のご飯。朝と夜も少なくしました。厳しい家でしたので、ダイエットしていることがわからないように、ご飯をこっそり減らし、その代わりお茶碗でヨーグルトを食べていました。半年で62㎏から56㎏まで落ちいました。そして大学進学と同時に県外へ。一人暮らしをはじめました。そこから拍車をかけるように、どんどん極端な食生活へと走りました。炭水化物は朝と昼だけ。お菓子やケーキは朝と昼。食べた日は夜は食べない。量もお弁当箱分。そうした結果、大学1年生の4月から7月の間に体重は落ちていき、48㎏まで減りました。172cmと身長もあったので、見た目はガリガリ。骨が浮き出ていました。夏休みに帰省した際、母から激怒され、食事をとらされました。食事を極端に減らしていたため、お腹を壊しました。また1か月ほど帰省していたのですが、この際に実家から自動車学校に通っていました。自動車学校でパンの自販機を見た際に、プツンと溜まっていた糸が切れてしまいました。そして思わず菓子パンを4つ購入し、その場で食べました。ここからリバウンドが始まりました。何を食べても満足ができず、ひたすら食べ続けました。実家にいる1か月は、家族に隠れて食べ続けました。また大学生活に戻ると、朝昼夜かまわず食べていました。講義中もバイト中も食べ物のことが頭から離れず、夜中の3時にコンビニに走って食べ物を買うこともありました。そして2ヶ月で66㎏まで増え、あっという間にその年の3月に72㎏まで太りました。今考えると、食べなかった分のリバウンドが一気に来たのだと思います。それから大学4年間はひたすら食べる生活を続けていました。72㎏から一時期減っても、また戻り、また減り、を繰り返していました。社会人になってから生活リズムも安定し、だんだん体重が落ちてきました。恋人もできたことも大きかったです。2年間で72㎏から62㎏まで落ちました。その後、また落ちていき現在は59㎏で安定ています。冬は60㎏になりますが、仕方がないかなとあきらめています。結婚をし今は子育てをしています。心の安定と生活リズムを整えることが一番だと思います。最後まで読んで下さりありがとうございました。 (2) (0)

コメント一覧

No.13 匿名さん 2017-12-09 13:03:54
体重それだけ大きく変わったら体の調子も悪くなったんと違う? 体大切にね!! (0) (0)
No.12 匿名さん 2017-12-04 21:58:33
何事もやりすぎはいくないということか (0) (0)

この体験談にコメントする

お名前(ペンネーム):
コメント:0文字